Vol.02 STRAWBERRY
いちご生産農家
イチゴセイサンノウカ

市内で農家歴20年を迎える佐藤さん。おいしいいちごをきれない状態で届けるために大切にしていることは
「何事にも基本に忠実であること」だといいます。いちご部会全体できれいないちごを消費者へ届けるため、
厳しく若手にアドバイスする姿も。そんな時も、サングラスの奥の優しいまなざしは変わりません。

いちご部会・JA長崎県央
イチゴブカイ・ジェーエー ナガサキケンオウ

池田さん(いちご部会 部会長)はいちご農家歴30年以上。部会として均等な品質のいちごを出荷するため、支部長として
JAからの情報伝達や部会の意見の取りまとめなどを行っています。小川さん(JA長崎県央)は新卒3年目。農業高校時代から
培ったいちごの知識と優しさで農家さんをサポートしています。互いに連携し、諫早いちごを食卓へ、次世代へ繋げようと奮闘中です。

Vol.01 GIBIER
諫早猪処理販売センター
イサハヤイノシシショリハンバイセンター

諫早市鳥獣処理加工販売組合には女性や若者も所属しておりメンバーは約160名を数える。
加工所にはドイツで修行された食肉加工マイスターが常駐しており、HACCP(ハサップ)に基づく
衛生管理の下で食肉のプロが処理・包装。安全で質の高いジビエを提供している。

LOHAS LEATHER hummingbird
ロハスレザー ハミングバード

野生を自由に走り回っていたジビエ革「イノシシ革( 長崎県諫早市 ) 」「エゾシカ革( 北海道 ) 」の革製品を
諫早在住の女性クリエーターがひとつひとつ丁寧に手作り販売している。【 写真準備中 】